出会いの体験談 女性の出会い

合コンでの出会い!友人のサポートだったけど彼を好きになってしまいました!

投稿日:

主人と初めて出会ったのは私が25歳で主人が26歳の時でした。

当時私には7年付き合っている彼氏がいたのですが、彼を知れば知るほど現実的に結婚を考えられずちょうどモヤモヤしている時期で、かといって7年間も一緒にいた人と別れる勇気もきっかけもないまま月日だけが過ぎていく、そんな毎日を過ごしているところでした。

もともとお酒が好きで社交的な性格だった私は男女問わず飲みの席には積極的に顔を出していたのですが、当時恋人募集中だった友人に「最近知り合った男性とその友人と飲み会を開くから一緒に来てほしい」と言われ、彼女のサポート役に徹する形でいわば合コンのような飲み会に参加することになりました。

私自身はお酒が楽しく飲めたらいいやという感覚だったのでどんな人が来ようと私には関係がないといった気持ちだったのですが、そこに現れた男性が将来私が結婚する今の主人でした。

背が高くて面白くて優しくてただでさえ好印象だったのですが、話せば話すほどとんでもなく意気投合した私たち。互いに惹かれ合うのには時間がかかりませんでした(しかも当時主人にも恋人がいて同じような気持ちで参加していたことを知りました)でもそんな彼に惹かれたのは私だけでなく私の友人もでした。

そもそも彼女のサポートで来た私が横入りするわけにもいかず、そこから私はずっと自分の気持ちを封印し、完全に割り切って彼女のサポート役に回りました。

それから彼女は数か月にわたりあの手この手で彼にアピールしていましたが、結果的に彼の気持ちを動かすことはできず、その後も大人数の飲み会などで私もまた参加することもあったのですが、最終的に彼女は彼(主人)を諦める形となり、それから私ももう主人に会うことはありませんでした。

それから約半年くらいたった頃、相変わらず私と友人は週1ペースで会社帰りに飲んでいたのですが、酔っぱらった勢いで主人とその友人を呼び出しちゃおうということになりました。

私は純粋に会いたかったですし、私の友人も新たな恋に向け今一度彼(主人)と会って踏ん切りをつけたいという気持ちがあることがわかり、いきなりだったのですが声をかけるとタイミングよく二人ともこられるということになりそのまま4人で朝まで飲みました。

その日を境に私と彼(主人)は急接近したことは言うまでもなく、事情を知った友人も多少複雑な気持ちはあるものの応援してくれました。

その後、お互いに恋人に別れを告げ、結婚を前提に付き合うことに。交際して三か月後に同棲を始めました。一緒に住んでみたら意外とこんな面が…とがっかりするようなことも起きず、知れば知るほど「この人と結婚したい」という気持ちが高まっていきました。

そしてその約1年後にプロポーズされ、婚約。その1年後に結婚式を挙げました。結婚式には私の友人も参加してくれました。

余談ですが、それから1年半後に妊娠し、来年の2月に出産を予定しています。
主人との出会いを受けて本当に人生とは「タイミング」なのだと痛感しました。今、心の底から幸せです。

神奈川県 横浜市の女性

-出会いの体験談, 女性の出会い
-,

Copyright© 女性との会話が苦手!恋愛が上手くいかない男性のための婚活トレーニング , 2018 All Rights Reserved.